1. 無料アクセス解析

◎◎ いそべ食堂で、楽しく美味しいお酒を飲もう! 亀の翁 ◎◎

◎◎ 純米大吟醸 亀の翁 ◎◎

品切れしていました、「純米大吟醸 亀の翁」が入荷いたしました!

純米大吟醸 亀の翁 新潟村上 飲む

↑↑↑↑↑↑↑↑↑

『亀の尾』 と 大吟醸『亀の翁(かめのお)』

 よいお酒をつくるには、原料のお米がよいものではなくてはなりません。玄米を精白したあとに残る芯白の大きいのがよい酒米とされますが、この芯白の風味のよいことも大切な条件です。そこで、私どもは、昭和五十五年(1980)から、幻の名酒米といわれた『亀の尾』をふるさと和島村に復活させる事を始めました。
 『亀の尾』は明治二十六年(1893)、庄内地方の篤農家阿部亀治翁によって発見、育成された品種で、食べて大変おいしく、戦前は新潟、山形、秋田地方で広く作られていました。酒米としても大変すぐれ、越後杜氏の長老河合清氏が「昭和十年ごろ『亀の尾』でつくった吟醸酒の味が忘れられない」と語っているほどです。
 戦後は、風害や病虫害に強い品種だけが育成されるようになり、『亀の尾』は姿を消してしまいました。しかし、酒味と酒質がこの土地の"米と水と人情と自然が醸す風"となることを願う私どもは、『亀の尾』の再現にその夢を託し、農事試験場のご厚意で分けていただいた千五百粒の保存種子を、五十六年(1981)の春、蔵元の保有田で育いました。その秋、弊社の社員や蔵人でもある地元の農家七名で『亀の尾生産組合』を結成、保有田で収穫した三十キロの『亀の尾』で、本格的栽培を始めました。昭和五十七酒造年度(1982)から、この『亀の尾』を磨きに磨いて、大吟醸『清泉・亀の翁』を仕込んでおります。
 半世紀を経てよみがえった『亀の尾』の醸す酒に、雪国新潟(旧)和島村の農民と蔵人の日々の姿を重ね合わせていただければ幸いでございます。         蔵元謹白

純米大吟醸 亀の翁 夏子の酒

↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 漫画「夏子の酒」

この大吟醸『清泉・亀の翁』が誕生するまでのいきさつが、漫画「夏子の酒」(講談社・尾瀬あきら作)のモチーフとなり、また、写真集「酒は風」(大月書店・英伸三、首藤和弘、英愛子)の題材になりました。そして、平成六年、連続テレビドラマ「夏子の酒」(フジテレビ系)で、日本全国、更に、ニューヨークや台湾でも放映されました。

幻の酒米で醸した、大吟醸『亀の翁』を飲んでみて下さい!
うんめぇ~~ですよ~!!


◎いそべ食堂で、楽しく美味しいお酒を飲もう◎

いらっしゃいませ~~~!!
毎度ありがとうございます。

村上市 いそべ食堂 美味しいお酒 美味しい料理

国鉄時代からお世話になっている方々が、集合いたしました!

村上市 いそべ 美味しいお酒 美味しい料理

私の父母の時代からお世話になっている懐かしい面々・・・・・

村上市 いそべ 美味しいお酒 美味しい料理

楽しく美味しいお酒を飲んで頂きまして、ありがとうございました。
またのお越しを、お待ち致しております!

村上市 いそべ 美味しいお酒 美味しい料理

こちらのお客さまも、地元でいつもお世話になっている方々で、楽しい会を開いて頂きました。
そして、集合写真を撮らせて頂き、今日という日の思い出に、皆様にプレゼントさせて頂きました。

これからも、皆様に愛され続ける店を目指して、頑張ろうと思います。
またのご来店を、お待ち致しております!


村上市観光協会HP編集委員 若大将 「日本一きれいな川 荒川情報」は、 こちら!
サクラマス釣り・鮎釣り・鮭釣りのできる日本一きれいな川 越後荒川ファンクラブは、 こちら!

村上市での大小ご宴会は、いそべ食堂で
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いそべの若大将

Author:いそべの若大将
〒959-3132
新潟県村上市坂町2505-4
『割烹食堂 いそべ』
        磯部 孝行
    0254-62-2476
携帯090-4548-8552


大きな地図で見る

カテゴリ
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
・まとめサイト
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
いそべの若大将 Twitter
FC2カウンター